建築家がデザインした電車

ぐずついた朝ですが
今日も張り切っていきましょう。

さて、今日は、電車のお話。

最近、子供の影響からか電車のニュースなどに敏感な私。

決して、てっちゃんではありませんが、
出勤の電車はいつも先頭車両で
運転士さんの後ろのガラスに張り付いています。

最近のニュースでは、新しい北陸新幹線のネーミングを募集していました。
私自身北陸の出身なので、かなり気になります。

もう、募集は始まっていました。
締切は、6月30日までです。

応募しただけでも、新幹線の壁紙がプレゼントされるみたいなので
てっちゃんや電車好きのお子様をお持ちの方は是非。

私が、電車が好きになったきっかけは、そもそも子供の影響ですが、
ちょうど、そのころに小田急 特急ロマンスカーVSEのデザインを
関西国際空港の設計施工をされた建築家が手掛けたというニュースを見たというのもあります。
プロダクトデザインですね。

このロマンスカーのVSEとは「Vault Super Express」の略。
「Vaultはドーム型の天井、天空、空間」という意味で、おしゃれでおちついた空間が演出されているようです。(まだ、乗ったことがないのですが…。)

そもそもこのVSEの開発コンセプトは「リビングのような快適な移動空間」
座席の快適性やデザインにもこだわったところが、建築家らしいですね。

建築家がデザインした電車で、関西で見れるもものは
南海ラピート。まるで鉄人28号のような車両デザインです。
窓もまんまるで、かわいらしいので、見に行ってみてください。

 
NEXSTのサービス
メンテナンス
リフォーム
リフォーム事例
オーナー様へ
会社案内