ネクストの雨戸活用法

おはようございます。

今日の明石、加古川方面は冷え込みました。

私の家では、冷暖房をつける季節だけ夜、雨戸を閉める習慣があります。

これは、非常に高い断熱効果があります。

断熱性の良いサッシを採用していても、窓は普通の壁よりは若干断熱性能が落ちます。

そこで、雨戸が活躍。

特に冬の間はコールドドラフトといって窓から窓下に

冷たい冷気がおりてきて室内で温度差を感じてしまいます。

そこで雨戸をしめることで、二重窓にし断熱効果をアップさせこのコールドドラフトを

軽減させるのです。特に窓ガラスがペアガラスでなくて、一枚のガラスの方は効果大です。

一枚のガラスでは、冬場はガラスの室内側の表面温度は、外気温と変わりません。

だまされた!と思ってやってみてください。

暖房の効き方が全然違います。

夜の断熱効果を狙うなら、雨戸の種類は特に問いません。

夏の昼間に外出するのに窓を締め切るのであれば、通風のとれる穴のあいた雨戸を一緒に

しめると遮熱に効果的です。日除けにもいいですよ。

これか、年中使える雨戸にリフォームするなら、開閉できる通風口がある雨戸が便利でしょう。

今、雨戸がついている方は夏の昼間の通風、夜の断熱を頭に置きながら工夫してるかうと

効果的です。

雨戸は防犯や防音以外にも活躍する優れものです。

設備を入れ替えずに光熱費を下げたいという方は、おすすめです。

               

 
NEXSTのサービス
メンテナンス
リフォーム
リフォーム事例
オーナー様へ
会社案内