リフォーム事例
キッチン・トイレの設備交換とLDK・居室の改修工事
 
Date
地域 加古川市
築年数 約31年
工期 約20日間
構造 木造
費用 約300万円
施工内容 キッチン・トイレの設備交換、全居室の壁・床・天井改修、建具交換・塗装・美装工事
リフォームの経緯

中古住宅の購入を機会に、リフォームを検討されました。購入代金の関係もあり、予算がしっかりと決まっていました。以前の居住者の方がペットを飼われていましたので、全室の改修を希望されていました。その上に、設備の交換もあり、補修と交換を組み合わせて、使用感が残っていない様にリフォーム計画を提案しました。

 

title_bar_1

キッチン交換前

■設備の交換前です。

 

キッチン面材は以前に張り替えたものの、古さが否めませんでした。

トイレも同様でした。

交換前のトイレです

リフォーム前の玄関廻りです

■玄関廻りの居室ドアの様子です。

リフォーム前の和室床の間です

■和室二間の床の間の様子です。

title_bar3

交換後のキッチンです

■設備の交換後です。

キッチンの背面のタイルはキッチンパネルに変更し、クロスやフローリングも張り替えました。

トイレは節水型のタンクレスに交換し、フローリングも張替え、紙巻器も2連タイプにしました。

交換後のトイレです

玄関廻りの改修後です

■玄関廻りの改修後です。

クロスを張替え、フローリングも無垢材にて張替え、ダウンライトの照明や、スイッチプレートなども交換しました。

和室二間の改修後です

■和室二間の改修後です。

タタミの表替えや、ジュラクや床の間などを美装・改修しました。


◆ リフォームのポイント

  もともとペットを室内にて飼われていた関係で、小傷が所々に目立っていました。予算の関係もあり、補修で対応できるところは対応し、交換が必要なところは交換する形のリノベーションになりました。何でもかんでも交換するのではなく、補修にて充分によみがえるところはあるので、良いものは残しつつ新しいものを取り入れるリフォームはいかがでしょうか。


◆ 担当者より

  ペットを飼われていましたので、小傷をどの程度リペアできるかが、一番悩みました。フル改装と設備交換をどのようにして予算内に抑えるかがポイントでした。現場で何度も打ち合わせを重ねて、どのように新築時の輝きに取り戻せるかを、箇所により素材と劣化具合が違うので、様々な補修方法を検討し施工しました。その結果、交換していない個所でも、交換したかのような変貌をとげました。