長期優良住宅化リフォーム推進事業

国土交通省が1月23日に、住宅の性能向上を図るリフォームの工事費などを1住戸あたり100万円まっで補助する長期優良住宅化リフォーム推進事業の募集要領案を公表しました。

平成25年度補正予算案の成立後に公募を開始する予定です。

【用件】
①工事前にインスペクションを行い、工事後に維持保全計画を作成すること
②下記のいずれかの性能向上に資する工事を行うこと。
a.劣化対策
b.耐震性
c.維持管理、更新の容易性
d.省エネルギー性
e.高齢者対策(共同住宅のみ)
f.可変性(共同住宅のみ)
③リフォーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性の基準をもたすこと

長期優良住宅化リフォーム推進事業で補助対象とするリフォーム工事のイメージ。劣化対策と耐震性の基準を満たすことが必須となる(資料:国土交通省)

補助律は、上記に要する費用の1/3で1住戸あたり補助限度額を100万円としています。

補助の対象は長期優良化リフォームに要する費用は以下のとおり
(ただし、①の工事に要する費用が過半であること)
インスペクション費用維持保全計画作成費用等を含みます。

長期優良住宅化リフォーム推進事業で補助対象とする範囲。性能向上リフォーム工事のほか、インスペクションやリフォーム履歴作成の費用も対象とする(資料:国土交通省)

補助対象外工事についても詳しく例示されています。

国土交通省ホームページ 長期優良住宅化リフォームの募集要項について

工事着手時期については、採択決定日~平成26年6月末、平成26年7月から平成26年9月末と明示

されていますが、公募開始については、補正予算成立後に発表されるのでしょうか?

まだ、公表されていません。工事着手時期がせまっていますので、長期優良住宅リフォームを

お考えの方は、早めの計画が必要かもしれません。

 
 
NEXSTのサービス
メンテナンス
リフォーム
リフォーム事例
オーナー様へ
会社案内