玄関・ホール・階段リフォーム

玄関・ホール・階段リフォームのポイント

Point 1. 玄関ドアのリフォーム

玄関ドアは、開き戸(ドア)タイプと引戸タイプがあります。ドアタイプは、単体ドアタイプ、親子タイプ、片袖・両袖タイプ、両開きタイプなどがあり、デザインやカラーバリエーションも豊富です。引戸タイプも、和風・洋風デザインがあり、バリアフリーの観点からも人気があります。断熱性や防犯性にも配慮して選びましょう。

ランマ付親子ドア

ランマ付親子ドア

便利と快適を極めた「SRカバー工法」のリフォーム玄関ドア。

ラフォースR2
三協アルミ

袖付片引き戸

袖付片引き戸

ゆとりの開口幅の断熱引戸。車イスでもスムーズに出入りできます。

リフォーム玄関引戸
三協アルミ

Point 2. 収納

玄関ホールをすっきり演出する為に欠かせない玄関収納。最近では、収納力だけでなく、インテリア性の高いデザイン玄関収納もあります。ミラー付や小物収納付など便利なアイテムも取り揃えられています。スペースに余裕があれば、シューズクローゼットもおすすめです。

コートユニット

コートユニット

鏡やコートユニット付の玄関収納でスマートに身支度。

玄関収納 ルシーボ
ノダ

クローゼットスタイル

クローゼットスタイル

ベビーカーやゴルフバックなど大きな物もすっきり収納。

玄関用収納エントランスパーツ
Panasonic

Point 3. 内装

玄関ホールの内装でおすすめしたいのは、既存の上がり框や床材の上から貼れるリフォーム内装材。また、玄関のジメジメやニオイが気になる場合には、消臭、調湿効果のある内装材を使うと玄関ホールが快適になります。

リモデル階段

リモデル階段

古い階段に直貼りできる、リモデル専用階段。

ハピア ベイシス リモデル階段
大建工業

調湿建材

調湿建材

季節をとわず快適な湿度を保ち、気になるニオイや有害物質を低減。

エコカラット プラス
LIXIL

Point 4. 外装

玄関の外装の基本は床のタイル。玄関ドアや外観イメージに合ったものを選びます。また、サイズは100角、150角、200角、300角などがあります。選ぶときのポイントとして防滑性も重要です。ドア廻りの壁にアクセントとしてタイルを貼ると、玄関のグレードが一段とアップするのでおすすめです。

床材

タイル

モノトーン系の色合いのタイル。内部と外部両方に使えます。

スタイルプラス フォスキー
LIXIL

壁材

壁材レンガ調

レンガ調タイルで高級感のある玄関まわりに。

HALAGEシリーズ アイビス
LIXIL

Point 5. 照明・その他

北向きや日当たりの悪い暗い玄関ホールでは、窓を工夫したり、明かり取りのある玄関ドアを選ぶのがおすすめ。また、吹き抜けを設けて明るい空間にすることもできます。でも、まず簡単でおすすめしたいのは、取付位置や種類で印象が明るく変わる照明の取り替えです。人感センサー付照明など、便利な機能を選べば、さらに省エネにもなります。ディスプレイコーナーを設けたり、バリアフリー仕様にするなど、暮らし方に合わせてプラスアルファするとより快適な玄関ホールが実現します。

照明(ダウンライト)

照明

長寿命で省エネ性に優れたLEDランプ。

LEDダウンライト ON-OFFタイプ
コイズミ照明

ベンチユニット(バリアフリー)

ベンチユニット

靴の履き替えを楽にして段差昇降を助けるベンチユニット。

玄関収納 ベンチユニット
ノダ

 
 
NEXSTのサービス
メンテナンス
リフォーム
リフォーム事例
オーナー様へ
会社案内