断熱リフォームで「健康」になる・・・?!

 

 

みなさま、こんにちわ!

このところ、暖かくなってきましたね。桜の開花なんて話もチラホラ・・・。

 

今日は、リフォームすることで「健康」を維持できるお話をしたいと思います。えっ本当に・・・

って話が聞こえてきそうですが、数字でご説明しますね。

 

 

窓からのすきま風や、断熱材の不足や劣化などにより、お部屋が寒くありませんか??

国の「省エネポイント」の施策により、「断熱リフォーム」を考え始めた方も多いのではないでしょうか。

では、どこから手を付ければ効果的でしょうか??

答えは、①窓 ②換気 ③外壁 なんだそうです。窓は熱的に最も弱いのだそうです。

しかも、120㎡(36坪)程度の住宅で、窓の断熱強化コストは約30万円、外壁の断熱材強化コストは約3

倍にもなるようです。

 

 

ベターリビングの委員会が、2011年から、東京都などの平均築年数33年の木造中心の住宅39棟に対し

て、最も多く過ごす部屋に「断熱リフォーム」をしたところ、ある2つのの確証を得ました。

1つは、日中の血圧の低下、2つは起床後の血圧上昇が抑えられたということです。

「朝があたたかくなった」「足元があたたかくなった」などの声があがったそうです。

 

 

このことから、長い時間を過ごすリビングの優先順位的に窓を断熱し、みなさんも、国の補助を有意義

に使用して、「健康」を維持しましょう!

 

 

詳しくはコチラから(一般財団法人 ベターリビング「健康長寿住宅エビデンス取得委員会」)

 

 

 

神戸、明石、姫路のリフォームNEXST(ネクスト)でした。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
NEXSTのサービス
メンテナンス
リフォーム
リフォーム事例
オーナー様へ
会社案内