屋根のリフォーム

屋根・外装:マイホームの傷み(横)
屋根材の種類
屋根には様々な種類の素材が使われており、耐久性や防水性など特徴も異なります。



瓦は丈夫で耐久性や耐火性に優れています。ただし、ずれやすいという欠点もあります。磁器瓦は、塗装メンテナンスが必要ないと言われますが、コンクリート(セメント)瓦については、塗装メンテナンスが必要です。


スレート系
スレート屋根には、主に天然スレートとセメントを使った彩色スレートがあります。スレートは防水性能を高めるため防水塗料が塗られています。しかし、防水塗膜が劣化するとスレートが割れるなどの原因にもなります。10~15年に一度塗装する事が必要です。


金属系
以前はトタン屋根が一般的でした。軽量ですが、断熱性や防音性に劣り、定期的に塗り替える必要もあります。最近は、塗装の性能に優れたガルバリウム鋼板製の「金属瓦」が主流となってきています。トタンに比べ費用はUPしますが、防食力(傷みにくさ)が高い材料です。


屋根の劣化
屋根は劣化により色あせやサビ、そりや歪みなどが発生します。このような状態を 放置していると、屋根の耐久性や防水性が失われ、雨漏りなどの原因になりかねません。したがって、屋根の状態が酷くなる前に塗替えを含めたリフォームをすることが大切になります。


遮熱性塗料
遮熱塗料やフッ素樹脂塗料を屋根の表面に塗ると断熱性や耐久性が増し丈夫で長持ちします。遮熱性の高い塗料を使用すると室内温度の上昇を抑えられ、結果としてエアコンの使用が減ることで光熱費削減になりエコにもつながります。ただ、フッ素樹脂塗料は、確かに性能は優れていますので、高価な商品でもあります。手間や足場費を考慮し、屋根と外壁は同等品質の塗料で同時にリフォームされる事をおすすめします。

yaneecocooltect


屋根の軽量化
建物の耐震性を向上させる場合、柱や壁・梁や基礎の補強が一般的に考えられると思いますが、屋根も耐震性に大きく関わる要素のひとつです。屋根が重いと建物の重心が高くなり、揺れ幅が大きくなります。したがって、地震時に屋根が重い程大きく揺れ、倒壊する危険があるのです。一方、屋根が軽いと建物の重心が低くなるとともに重量全体も軽くなり、揺れが小さくなります。ガリバリウム鋼鈑は一般的に日本瓦の1/10程度と軽く耐震性の向上につながります。 ・屋根をリフォームする時は、外壁塗装や防水工事など他に足場を必要とする工事と合わせてリフォームされると個別に工事をされるより経済的です。

 

屋根・外壁リフォームへ戻る