太陽光発電をつけてよかったとの声

 

昨年(平成24年)9月に太陽光システムを設置した神戸市西区のI様宅へ訪問し、その後の発電状況をお聞きしました。 
【設置したシステムはPanasonic HIT】東西屋根に5.82kW設置 
設置費用は総額300万円(税込) 
前もって連絡を入れてましたので、快くお迎え頂きました。

さっそく発電状況をお聞きしますと、まずは設置してよかったかについて、結論から言うと「本
当によかった」とおっしゃっていただきました。

* 大きな理由は以下の通り
『一つ目の理由』
5月1日に訪問しましたが、ちょうど4月の発電結果が出たばかりで、なんと!!4月の発電量は712kWhで金額29,800円であったとの事。 
「冬は、隣家の屋根の棟部が影になり数時間発電しないこともあらかじめわかっていたのですが、結果的に1月は12000円くらい。 しかし2月には20000円、3月には24000円 そして4月はものすごい勢いで発電し、ここまでいけばなんとか30000円に達成したいと月末は 家族で太陽にお願い(?)してました(笑)。」年間発電量は、シュミレーションにおいての5,879kWh/年をしのぐかも〜 です。

000055377

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『二つ目の理由』
「当初、銀行リフォームローンにて設置費用の300万を全て借入し、月々約2万300円の180回(15年)払いでスタートしました。
その後、銀行との間で住宅ローンにリフォームローンを含めての借り換えが可能かどうかの話をすすめていくなかで、その審査に適合し、借り換えが出来た。
それも1%強の低金利のため、今までの(太陽光設置前の)住宅ローン支払いとほとんど変わらない程度なのです」との事。
つまり、太陽光を設置した費用は、残りの30年ローンに、ほぼ吸収してしまった事になります。 これについては、私も想定外でした。(国と市からの補助金の支給は別に受けられます。)

*ただ、本件についてそのあとすぐに銀行へ確認すると最初から組み入れる事は今回難しく、一度リフォームローンをスタートした後いろんな厳選な審査基準に適合したのでできましたとの事です。
*条件により、最初からリフォーム資金を組み込んだ借り換えが可能な場合もあるとの朗報も頂きました。

注文までには、発電シュミレーション、ローンシュミレーションから月々の支払額の想定を都度行ない納得頂きました。 
私の訪問前には、ある訪問販売の業者に、断ると暴言を受けたこともあったとの事。
冒頭にも書きましたが「設置して良かったです。また当社へ注文して良かったです。」との声を頂き、大変うれしく思います。

NEXST 賀川でした

 
 
NEXSTのサービス
メンテナンス
リフォーム
リフォーム事例
オーナー様へ
会社案内