スマートハウス

昨日、ATCで行われたリフォームに関する講習へ参加しました。

その中であったスマートハウスについて少し書きます。

「スマート」の意味ですが、辞書で調べるといろんな意味があり、今ではスマートホンが
ごく一般に現在使われております。

その中で、「頭の良い、賢明な」「インテリジェントな」という意味合いがスマートハウス

の語源であるのではといわれます。

住宅の高性能化において、次の相反する二つの考え方を組み合わせることで実現(住宅のゼロ

エネルギー化を効率的に実現)するとありました。

1つ目に【パッシブな考え方-機械力にたよらない手法】

高気密、高断熱にする
採光・通風を考慮する
自然環境と調和する。
など

2つ目に【アクティブな考え方-機械力を積極的に活用する】

太陽電池・蓄電池
エコ給湯設備
など

スマートハウスは

HEMSにより住宅用エネルギー管理システムにより家電及び上記に挙げる2つ目を一元

管理し、自家発電と電力の最適量使用ができる住宅のことをいう。

とありました。

時代は変化していますね!

しかし、なかなか全てを完備させるのはなかなかできませんね!

私が個人的に思うのは、太陽光発電やエコ給湯器と内窓に関して言えば、

初期投資に見合うだけのものであると思います。

ただ、上記の場合は、なかなか費用が・・・という場合、手軽にエコ対策をという一つ

の方法として上記のパッシブな考え方の一つで、ゴーヤ植樹により夏の日射を遮蔽する

ことは結構有効なエコ手法といえます。

NEXST 賀川

 
 
NEXSTのサービス
メンテナンス
リフォーム
リフォーム事例
オーナー様へ
会社案内